外科丸でござる。

今宵の月は・・

 

山中鹿介幸盛(やまなかしかのすけゆきもり)、

鹿之助ともいいます。

尼子三傑の一人とされ、尼子十勇士の筆頭であり、

「山陰の麒麟児」の異名を持つ豪傑です

再興のために

願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と

三日月に祈ったエピソードで有名ですね。

 

 

お話しは・・・、

毛利元就に尼子義久が屈して、

家臣たちはバラバラになり

流浪の旅にでます。

そして京で僧をしていた

尼子の末裔を同士とともに還俗させ、

尼子勝久を盟主として

尼子家の再興を誓います

 

ここからがすごいパワー

 

戦国の雄 毛利家相手に2度立ち向かい

もう一息で・・月山富田城を取り戻せるのに

でもできない・・・

再興できないけど

あきらめる気など0%

 

そして3度目の正直にと

織田信長の配下になり

羽柴秀吉の毛利攻めに参加する

上月城に陣取り 宇喜田軍に一度は勝利するも

毛利の大群に囲まれ、が、信長からの援軍は来ない

最後は兵糧攻めに耐え切れず、降伏します。

尼子勝久は切腹し、

鹿之助も護送中に切られて無念の最後をむかえます。

でも、なぜだか悲劇ではありません 

やり切った感があるからかな

 

もともと山中家は尼子家の分家であり

鹿之助も尼子一族といえますし

尼子の姫であった美保姫との恋物語もあり

 

ぜひお読みください

AAA作品です。

 

この一族のすごいのはまだこれからですよ

 

息子の山中幸元(鴻池新六)は父の死後、

武士を廃し

酒造りをはじめ

なんと大坂で大成功、

江戸時代の豪商鴻池財閥の創始者となります

へー

 

この作品は

「歴史小説 推薦書する書、しないっショ その3」

ですでにご紹介していますが

当然 AAAです

 

江戸時代 鴻池財閥は

数々の有力大名の

蔵元となり(今で言うとこの メインバンク) 

経済的支配者となります

もちろん毛利家もその一つです

 

 

親が親なら子もまたたくましい

なんともうらやましい

山中鹿之助さんでした

 

 

 


歴史ランキング

 

押してください


人気ブログランキング

 

では御免

 

コメント
コメントする