外科丸でござる。

 

 

戦を厭いながらも、

戦のなかでしか生きられない

島津の侍大将。


被差別民でありながら、

儒学を修めたいと願う朝鮮国の青年。


自国を愛し、

「誠を尽くす」ことを信条に任務につく

琉球の官人。

豊臣秀吉の朝鮮出兵により侵略の風が吹き荒れる東アジアを、
三つの視点から描くAA作品。

 

 

前半は絶好調、

だけど

読んでいるうちに

なぜか飽きてくる、

島津の話だけでも面白いんじゃない?!

 

後味よくまとめたほのぼの生活物語

は要らない気がしたなー

 

薩摩は辺境の地にふさわしく

知る人ぞ知る

身分制度の厳し国

さわやかな西郷さんに引き込まれますが

やはり強烈な武の国らしい作品が一番!

 

 

 


ご当地グルメランキング

 


歴史小説ランキング

 


人気ブログランキング

 

では御免